• アクアレータ・水中機械式曝気撹拌装置
  • アクアレータ・水中機械式曝気撹拌装置

  • 1975年、国内初の省エネルギー型曝気撹拌装置を発明して以来、ハンシンは人と水の新しい未来を切り開くための技術革新を重ねてきました。その思想と技術を常に最高の形で具現化しているのがハンシン・アクアレーターです。
    アクアレータはあらゆる現場を経て日本の曝気撹拌装置の指標としての価値を進化させてきました。
    時代を超えて変らない思想、時代に先駆けて進化し続ける技術。
    ハンシン・アクアレータに曝気撹拌装置の真理があります。

アクアレータ

  • 製品概要
  • ラインナップ
  • メンテナンス
  • 導入事例
  • English
  • プロモーションCG 音楽なし

  • MOVIE
  • Promotion CG English

  • MOVIE
  • 実機

  • MOVIE

1000の処理場 1万台の納入実績 業界最高水準の高性能

アクアレータはあらゆる現場を経て日本の曝気撹拌装置の指標としての価値を進化させてきました。
時代を超えて変わらない思想、時代に先駆けて進化し続ける技術。
ハンシン・アクアレータに、曝気撹拌装置の真理があります。
「空気供給機能」と「撹拌散気機能」の動力源を分離することで、負荷変動に対して容易に追従することができ、
無駄なエネルギー消費を解消し、水処理コストの大幅な削減を可能にしました。

アクアレータ
アクアレータ

アクアレータはエアレーションの2大機能、『空気供給機能』と『撹拌散気機能』の動力源を分割し、後者を合理的水中機械としたことで、
エアレーションのエネルギー効率を大幅に高めています。[建設省「現:国土交通省」 技術評価 第81102号]

『空気供給機能』と『撹拌散気機能』とに制御因子を分けたことにより、アクアレータは『嫌気・好気両用の水中撹拌機』として用いること
ができ、標準活性汚泥法はもとより、嫌気・好気活性汚泥法、間欠式エアレーション法、回分式など処理システムの選択を容易にしています。

制御因子(動力源)の分割は、水処理条件の変動や処理方式転換への省エネルギー的対応を容易にしています。
状況や目的に応じて空気供給機能(ブロワ)と撹拌散気機能(アクアレータ)のいずれか一方、または両者同時に任意に制御し得ることで、
大きな負荷変動に対しても適切な追随機能が得られます。

さまざまな要求に高いレベルで応えます

#

  • #
  • 1000の処理場 1万台の納入実績 業界最高水準の高性能
  • アクアレータはあらゆる現場を経て日本の曝気撹拌装置の指標としての価値を進化させてきました。
  • 時代を超えて変わらない思想、時代に先駆けて進化し続ける技術。
  • ハンシン・アクアレータに、曝気撹拌装置の真理があります。
  • 「空気供給機能」と「撹拌散気機能」の動力源を分離することで、負荷変動に対して容易に追従することができ、無駄なエネルギー消費を解消し、水処理コストの大幅な削減を可能にしました。